キャッシングの利率と消費者金融

金融会社にも色々な系統があり、銀行が関わっている銀行系、クレジット会社が行っている信販系、そして消費者金融系のキャッシング会社に大きく分類されます。最近は銀行系でも消費者金融系でも、あまり利率自体には差がなくなってきたとも言われています。

まだグレーゾーン金利が存在していた頃は、消費者金融会社によっては違法にならない範囲での最も高い金利でお金を貸していたところもありました。法律で、金利は最大で20%と決められたため、高金利の問題は実質的に消滅しました。借入金額にも収入に対する上限が設定されたため、低収入の人は融資が受けづらくなっています。

法改正のため、消費者金融会社は今、客を増やすことを重視しています。この頃は、消費者金融会社だけでなく、銀行系や信販系のキャッシング会社も新規サービスを打ち出しています。多くの人にキャッシングを使ってもらうため、金利0%融資をしている消費者金融会社もあります。消費者金融については十分に情報収集をして使うべき時に使いたいものです。