バイトだけど消費者金融で3万円借りる審査をしたい

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要

ですがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

ローンを組むことができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

売上を確保し、利益を上げています。

一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。