消費者金融相談ダイアリー

消費者金融に関する相談の記録

おまとめローンの手段

2015年2月18日(水) 23:27

おまとめローンの相談をするなら

おまとめローンを利用するかどうか、弁護士や司法書士などの専門家に相談する方法があります。「ご家族に内緒でも、相談できます」としている法律事務所もありますが、「ご家族に内緒」というのは、できるだけ避けたいものです。泣きつくのではなく「専門家に相談に行ったり、おまとめローンを利用したりする解決方法を考えている」ことを伝えるようにすれば、ご家族がパニック状態になるのは避けられるかもしれません。ただ、個人信用情報機関に問い合わせるなどの手段もありますので、全ての債務状況がわからなくても、相談はできます。司法書士は、取り扱える相談に制限がありますので、借金の総額が大きい人は、弁護士に依頼すると良いでしょう。おまとめローンを利用するのが良いか、あるいは任意整理や自己破産などの方法を選ぶほうが良いのか、債務と収入の関係などで変わってきます。任意整理や自己破産などの履歴があると、今後クレジットカードを作ったり、銀行ローンを組んだりすることが難しくなるかもしれませんので、おまとめローンの利用で解決できるなら、それに越したことはありません。他の問題とは違って、お金の問題を繰り返すと「本当に必要なときに、お金が借りられない」ということも起こりえますので、注意が必要です。

おまとめローンの金利は?

おまとめローンは、各金融機関にごとに金利が設定されていますので、「できるだけ安い金利のところで、借り入れをしたい」と誰もが思うでしょう。また、現在のローンの金利を安くしてもらえるよう交渉する、という方法もあります。もちろん、元本部分を減らしてもらうことは難しいでしょうけれど、金利部分だけならば、交渉の余地はあります。融資限度枠を広げてもらえば、債務をできるだけまとめることが、可能になります。交渉しても、状況が変わらないようなら、より有利な金利で、債務を一本化できるおまとめローンを利用すると良いでしょう。注意が必要なのが「今まで、グレーゾーン金利と呼ばれる、高い金利で借り入れをしていた場合」です。しかしながら、おまとめローンに借り換えてしまったことで、この交渉や手続きが複雑になることがあります。ただ、この交渉は「一分の隙も無く」行うことが望ましいのです。おまとめローンを利用するかどうかも含めて、専門家に相談する機会を持ちましょう。そのくらいの覚悟がないと「おまとめローンを利用して、新たに借金しやすい状況を作ってしまうだけ」になります。その覚悟ができるなら、おまとめローンの利用は、とても有益な手段となります。

コメントは受け付けていません。

«

アーカイブ

カテゴリー

Page Top

Copyright(c)消費者金融相談ダイアリー. All rights reserved.