消費者金融審査の2ch期間を徹底検証

消費者金融審査受かるポイント

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

お金を出資してもらうことができる金融機関には昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較するととはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、銀行カードローンと比べると消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですからとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融審査規制ってあるのか

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンには両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい…というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようで成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

お金を融資してもらうことができる金融機関には昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で銀行と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますからまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。