住宅ローンフラット35の審査を受けるには?

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査は大変厳しく行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
毎月の住宅ローン相談の支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。
繰り上げ返済をすれば、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。
申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。
やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数に1番こだわり審査をします。
それにより、確実に通る。
といった甘い感じではありません。
不可。
という場合もあり得ます。
基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。
住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
団体信用生命保険という物は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。